自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 トーカ村から歩いて数十分のところに、ルクファナの森はあった。

 確かに言われた通り、森の中心辺りに巨大な樹がある。
 普通の樹より抜きんでた大きさであった。 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

「あの、それでは皆さん行ってらっしゃいませ」

 俺たちは準備を終えてヴァーフォルを出るとき、リコに暫しの別れの挨拶をした。
 リコはまだ街の復興で色々やることがあるの ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 勇者たちを撃退したあと、俺たちは図書館で刻印の情報や、メクの呪いの情報などが書かれた本を捜索する作業を開始した。

 街を救った功績で図書館に入る費用を免除すると言われたが、 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

「勝ったか……」

 オオシマはHPがなくなり、前のめりに倒れた。

 念のため死んだのかを確認。
 心臓の鼓動は止まっている。完全に死んでいた。

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 剣を抜いたオオシマは、まずは俺に斬りかかってきた。

 はっきり言って遅い。敵の表情から見て、恐らく本気で攻撃してきてはいないだろう。俺が限界レベル1だということで、相当油断 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 俺たちは防壁を守る事に成功はしたが、気は抜かず外を見張り続けた。

「敵兵に動きはないみたいだな。援軍はいつくらいにくるんだ?」
「来るとしたら、早くて三日後くらいで ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 何だ今の物凄い音は。

 俺は音の発生源を探る。

 防壁があるあたりから聞こえたような。

 すると、もう一度同じような音が聞こえてきた。
 二 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 俺たちは一度敵の戦力を見るため、防壁の上に立って、外にいる勇者軍を眺めてみた。

「これは……想像以上だな」
「そ、そうじゃな」
「多いにゃー」

...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

「そういえば、あのリコに普通は見ることのできない、高度な情報を書かれた本を読めるよう、頼んでみるというのはどうじゃ?」

 宿に戻ってのんびりしていると、メクがふと、そんなこと ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 そのあとも私は施しを続けました。

 すると、瞬く間に私の噂は、街中に広まっていきます。
 街中の恵まれない人々が、私の元に集まってくるようになってきました。

スポンサーリンク