自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

「そういえば、あのリコに普通は見ることのできない、高度な情報を書かれた本を読めるよう、頼んでみるというのはどうじゃ?」

 宿に戻ってのんびりしていると、メクがふと、そんなこと ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 そのあとも私は施しを続けました。

 すると、瞬く間に私の噂は、街中に広まっていきます。
 街中の恵まれない人々が、私の元に集まってくるようになってきました。

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

「と、ここまでが私がこの町に来るまでの経緯です」

 リコも、それなりに最初は苦労していたのだと思った。
 俺はなんだかんだ言って、飢餓状態に追い込まれるほど、食えなく ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 その言葉を聞いて、私は驚愕します。
 アイサのステータスを見ました。
 レベルは19/34となっていた思います。
 元々のアイサのレベルは知らなかったので、その ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 それでは、私、リコ・サトミがこの世界に来て、今まで何をやっていたかをお話しします。

 テツヤさんが城から追い出されたあと、私は城から出ました。

 城から出た理由 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 だいぶ歩いたら、今度は喉が渇いてきた。

 この谷で、水なんてものは一度も見たことがない。
 さすがに水がないのはまずいよな。
 きのこにもある程度水分はある ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 この谷を出るための出口探しを再開する前に、俺はスキルポイントというのを獲得したのを思い出した。

 スキルポイントって、スキル獲得したり、スキルLv上げたりしたりするのに使う ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 俺は穴に飛び込んだ。

「イダッ!」

 あまり深い穴ではなかったが、怪我をしている足から落ちたので、激痛が走り、痛みでしばらく悶える。

 酷い臭いだ。 ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

     <<前へ 目次 次へ>>

 限界レベル1?

 まさかの1?

 マイナスなんてないだろうし、1って一番低いんだろ?
 

 じゃあ俺はこの世界じゃ最弱の存在って事? ...

自作小説,限界レベル1からの成り上がり ~最弱レベルの俺が異世界最強になるまで~

         目次 次へ>> 

 理不尽な事は世の中に多々ある。

 やってもいない罪を着せられたり、手柄を横取りされたり。

 生きていれば、人は何度も何度も理不尽な目に遭う。
 それはあ ...

スポンサーリンク