書籍化打診が来たら【上級編】

2020年12月7日

初級編中級編を参考に、ランキング5位以上まで駆け上がれば、いよいよ書籍化の打診が来ると思います。

書籍化作家としてこれから書籍を出す方に、いくつか注意点がありますので、今回はそれを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

感想への対処

これは書籍化とは関係ないですが、一応書いておきます。

小説家のなろうの感想は、普通は叩かれることはなく読者の皆様のマナーもいいのですが、ランキング上位になったらなぜかマナーの悪い人が急増してきます。

よほど隙の無い作品じゃない限りは、必ずコメントで叩かれると思った方がいいです。

心の強い人は叩かれても気にせずにいられるかもしれませんが、そうでない方は、感想を見てへこんでしまい執筆意欲が落ちるかもしれません。

正直、そう言う方は感想を閉じるか、または一切見ないようにした方がいいと思います。

感想を無理に見て執筆意欲がなえると、下手をすると筆を折ることになるかもしれません。

応援する感想まで読めなくなってしまうのには申し訳ない気持ちもあると思いますが、応援してくれているファンの方も、感想を読んでもらうより続きを書いて欲しいと思っているはずです。読むのがきついなら、読むのをやめた方がいいでしょう。

書籍化の打診が来たら

書籍化の打診が来たという方、まずは一旦落ち着きましょう。打診が来た嬉しさのあまり、すぐに打診を受けようと思われているかもしれませんが、やめた方がいいです。

小説家のなろうの書籍化打診は、色んなレーベルが競争しており、待っていればほかのレーベルから打診が来るかもしれません。レーベルによって条件が違うので、あとから来た打診の方が条件が良いという場合もありますので、そうなると損です。

基本的に早めに打診をしてくるレーベルは、あまり条件が良くありません。

条件で勝負できないので、打診の速さで勝負しようとしているわけです。逆に条件の良いところはじっくり見て確実に売れそうな作品に声をかけるので、打診まで時間がかかる傾向にあります。

最近ではコミカライズ確約で打診をしてくるレーベルも増えている印象です。条件の悪いところだとコミカライズ出来ない可能性も出てきます。

一旦冷静になり、決めるまで少し時間をくださいと、打診をくれた編集者に返答をしましょう。

スポンサーリンク

編集者とのやり取り

打診を受けたら編集者とのやり取りが始まります。

イラストレーターを決めたり、原稿の改稿をしたりと色々やることがあります。

イラストですが、よほど詳しい方でない限り、こちらから何かを言うのはやめた方がいいと個人的には思っています。

ラノベでイラストは非常に重要な役割を持っています。売れるラノベは大体表紙イラストがいいです。

詳しくないのに変に口出しをするとイラストのクオリティが下がる恐れがあります。編集者はある程度売れるイラストというのが分っていると思うので、任せていた方が安心です。

作品の改稿に関しては、自分の意思はきちんと持って対応すべきだと思います。こっちの方が売れると言って、変更を要求されるという事があるかもしれませんが、気に入らないなら突っぱねて良いと思います。

税金対策

本が出るとなると税金対策をする必要があります。開業届を出して青色申告をする必要があります。

何だか難しいことのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、作家の確定申告は比較的楽です。対して経費もありませんし、売り上げの計算も難しいことはゼロですから。

マイナンバーカードを取得してetaxが出来るようになれば、家から一歩も出ずに確定申告が出来るようになるので、まだマイナンバーカードを持っていない方は作るのをおすすめします。

まとめ

上級編で説明したことをまとめます。

・感想を見てて凹むようなら、見るのをやめるか感想欄を閉じること。

・書籍化打診が来ても、即受けたりしない。ほかの打診を待とう。

・詳しくない場合はイラストにはあまり口を出さないように、作品の改稿に関しては編集の意見に従うだけでは駄目。

・税金対策はきちんと行おう。

上級編で小説家になろう攻略は終わりです。これを見て書籍化をする作家さんが一人でも増えたら嬉しいです。

ちなみに書籍化した後は売れるかどうかですが、そのコツは私にも分かりません。売れることを祈っています。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ